コレクション: 四代目石鎚十三日(トミカ)

初代梶浦十三日(トミカ)が、大正初期に石鎚農具製作所を創業してから 100年余りの歴史を誇ります。

柔らかく、弾力のある鉄を熱く熱し鍛えた後、硬度の硬い鋼を割り入れ、更に鍛えていきます。
磨きをかけ研ぎ澄まされた刃をつけ、丁寧に作られた柄をかけます。
この刃物は、1丁に対する愛情と熟練した技により造り上げられています。

100年を超える歴史を持つ土佐打ち包丁のブランド、西日本最高峰であるの石鎚(山)の銘を入れ、両刃の黒打ちを中心にした実用的でコストパフォーマンスの高い包丁を製造しています。

 

215個の商品