研がない包丁?

投稿者 : 森恒一郎 on

研がない包丁?

研がない包丁?

世の中が進歩しすぎて自分の理解がなかなか
追いつかないと思う今日この頃…
皆様いかがお過ごしでしょうか?
本日、私を悩ませているのは目の前にある
「SAKON」なる包丁です。
この包丁は基本的に研がなくても
切れ味が長く続く不思議な包丁なのだそうです。
そうです、この包丁は生き物みたいに自己再生能力、
もとい自己研磨能力を持っているのです。
物を切る度に包丁の刃が摩擦による放電エネルギーによって
超マイクロレベルでステンレス金属組織を再生して刃を整える…
と言ったら良いのでしょうか?
この技術はかの高名なIHIの技術力によって可能になったそうで、
同じ技術が航空エンジンのタービン翼にも使われている
とのこと。
とにかく希少で入手困難な絶品であることには
間違いありませんので、気になる方はご自分の目で
お確かめ下さることをお勧め致します。
でも本当に不思議…


A kitchen knife that don’t need to be sharpened?
Have you ever thought that you couldn’t keep up with the progress of the world?
Today, I am struggling with my understanding of the kitchen knife,
“SAKON”,  in front of me.
Basically, you don’t have to sharpen this knife to get a good sharpness for a long time. It’s very strange!
Yes, it seems that this knife has the ability to regenerate itself, or self-polish itself, like a living thing.
Each time this knife cuts an object, the stainless steel structure is regenerated by the energy of the electrical discharge
caused by friction  and the blade is aligned.
This mechanism was made possible by the technology of the famous IHI
(Ishikawajima-Harima Heavy Industries,Ltd)
The same technology is used in the turbine blades of aircraft engines.
Anyway, there is no doubt that this kitchen knife is a rare and difficult to obtain excellent product.
If you are concerned about this, we recommend you to see for yourself!
But, it’s a truly magical knife‥


不用磨的刀?
世界瞬息万变,令人叹为观止。
今天一个叫做「SAKON」的刀让我涨见识了。
这个刀基本不用磨,而且会一直保持刀刃的锋利。
它就像一个生物一样,自己更新,自己生长,自己可以磨自己。
用专业点的术语解释应该算是这样:它是利用每次切割食物时刀和食物之间摩擦产生的微弱的微电流,让刀刃重组不锈钢金属的排序,保持着最锋利的状态。
这项优秀的技能是那个有名的IHI公司发明的专利。他家是将这项技术也利用在了航空用的发动机的涡轮叶子上。
总而言之,绝对是一个非常罕见的产品。
欢迎有兴趣的亲用你的双手和双眼亲自确认这把不可多得的厨刀。
回到开头时说过的,这真是不可思议。。。

 

0件のコメント

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。